やこラボ

公共交通、土木工学、プログラミングなどなどについて書いてます

【シャニマス】背景画がいかに多摩っぽいのかを語る

こんにちは。徳川まつり担当のやこ炒めです。まつり姫をよろしくお願いいたします。

 

今夏、https://imastodon.net/ の #なつやすみプロデュースノート 企画に参加させていただいております。こちらの企画は日替わりでいろいろな人がアイドルマスターやその他もろもろを話していくというものです。昨日(7/15)はみずあおいさん(@73Dmj)が担当しているユニットのダイマをしておりました。記事はこちらから~

 

さて、今日のプロデュースの対象となるのは、2018年に始動したシャイニーカラーズちゃんです。ご安心ください、シャニマスよくわからないよって人もこの記事を楽しめるようになってますよ。内容は僕の趣味の方向にかなり傾いてますが…。そして結局のところ地元ネタなのですが…。ちなみに詳しく知りたい方はこちら

 

さて、今回のテーマは…?

 

シャニマス】背景画がいかに多摩っぽいのかを語る

 

です!

え、なんで多摩なのかって?まずはこちらの画像をご覧ください。

 

f:id:anti114514:20180715150729p:plain

見てくださいこの東京都多摩市関戸1-10-10!あ、園田智代子ちゃんもよろしくお願いいたします。

 

この背景画のモチーフは京王線聖蹟桜ヶ丘駅です。この画像だけで「あっ聖蹟だ」と地元民が一瞬で分かってしまうレベルでそっくりに描かれています。現地の画像はこちら。

f:id:anti114514:20180715151159j:plain

家からバス一本で聖地に来れた…。ちなみにこの背後にはやよいという花屋があります。うっうー!

この背景画像、シャニマスのコミュでは出現頻度が非常に高い、おなじみの駅前の画像となっております。さて、この画像が出てくるコミュを眺めていると、どうやら事務所から近いところにこの交差点があるようです。今回の記事では、「事務所が駅から比較的近いところに位置している」と仮定して話を進めていきます。

すなわち、事務所所在地周辺の設定は聖蹟桜ヶ丘のような郊外部であり、渋谷とか豊洲のような都心部ではないといえます。

 

つまり、どういうことかというと、

・283プロ事務所は東京の都心ではなく郊外にある設定(と受け取れる)

・物語は郊外を舞台に展開されることが多い(原宿をはじめ都会でも展開されることもある)

 

この二点、実はほかのシリーズとは大きく異なる点なのではないかと僕は考えています。ゲームの本筋やシステムには影響を与えることはほぼない相違点ではありますが、シャニマスならではの物語展開には影響を与えるのでは…?と思っています。

 

(実際のところ、郊外に芸能事務所を置くメリットってそんなないような…家賃くらいでしょ…とは思いますが。ちなみに聖蹟桜ヶ丘駅あたりの1LDKの家賃相場は8.8万円だそうで…)ソースはこちら 

 

---

 

さて、283プロ事務所の外観は以下の通りです。次の画面へのフェードが地味に紛れ込んでるのは内緒。

f:id:anti114514:20180715151611p:plain

事務所の建物3階建てかよ!3階誰か住んでる感満々じゃねぇか!

都会の感覚でいくと、駅の近くにこんな雰囲気の三階建ての住居兼店舗みたいな感じの建物はなかなかないと思います。そう、こういう建物が駅の近くに建ってるのが郊外なのです。さて、聖蹟桜ヶ丘駅周辺で事務所の画像に似てるところはあるかなと思って歩いてみました。

 

f:id:anti114514:20180715151758j:plain

よくよく見てみると、点字ブロック及びその周辺の塗り方が一致していることが分かります。また、道路からニョキニョキ生えてる杭みたいなやつ(名前知らない)も形がほぼ一致しています。

聖蹟の駅周辺で、街路樹が生えているところをいくら歩いても似てるような場所は出てきません。うーん…

 

ただ、地元民ワイ、事務所の画像を見て一つ思ったことがありました。

 

「ん?これ府中っぽくね???」

 

多摩市から川を挟んで反対側の府中市。283プロ事務所の雰囲気がどうも府中市の中心部である府中駅周辺に感じられました。これが地元民の絶妙な感覚なのかもしれません。まずは府中駅周辺の写真を見てみてください。

f:id:anti114514:20180715152212j:plain

 雰囲気…割と似てませんか。府中の写真の木がデカすぎる気もしますが、こいつら天然記念物なので目をつぶっておくことにしましょう。事務所および周囲の建物のサイズ感や街路樹の雰囲気などは府中の要素が感じられます。ただし欅の木、お前らはデカすぎだ。

 

さて、ここまでの話を以下の画像にまとめてみました。

f:id:anti114514:20180715152343p:plain

背景画を製作したチームが聖蹟桜ヶ丘や府中を視察していなければ、このような画像を描くことはできないと思います。こんなに多摩の雰囲気が感じられるのですもの。このことから、きっとシャニマスは都会よりは郊外で物語を展開するつもりで製作を進めていたんだろうな、と僕は考えます。

 

---

 

さて、次は風野灯織さんのSSR背景画像をご覧ください。

f:id:anti114514:20180715152522p:plain

クールな灯織さんの後ろ姿、かっこいい…

さて、この画像、僕からすると多摩市とか京王相模原線沿いって感じがものすごいするんですが、言葉にするときっとわかりにくいので、とりあえず以下の画像をご覧ください。

f:id:anti114514:20180715152627p:plain

 多摩丘陵の住宅街の中の道にいかにもありそうな情景なんです、これ。

さすがに広い領域を自転車で駆け巡るほどの体力と時間はないので、google earthとかを使いながらこの情景に限りなく近い場所を探してますが、いまだに見つかっていません。もし見つかったら報告します。

…もしかして標識が逆ってことは、実際の場所を左右反転して描いた可能性も…?

 

最後に、僕がこの記事で伝えたかったことを簡単にまとめました。

シャニマスは他のシリーズと異なり郊外での物語展開が多いこと

◆製作チームは多摩市と府中市を視察しているのでは?と思ったこと

◆多摩市とか府中市とか多摩丘陵は住宅街で、緑がきれいで静かで住みやすいぞ

 

あれ、これ地元のダイマになってない?まあいいか。

最後に、撮ったけど使わなかった写真をここで供養しておきます。解説付きです。

 

f:id:anti114514:20180715184011j:plain

 ▲府中の街並み。右は天然記念物、背後は地元ではとても有名な神社。木でかすぎん?

 

f:id:anti114514:20180715185916j:plain

 ▲聖蹟桜ヶ丘駅から徒歩3分のところ。低い建物が多く、この中に283プロ事務所があっても違和感はあまりなさそう。

 

f:id:anti114514:20180715184656j:plain

▲前の写真のところからさらに南の方角へ数分歩いたところにある公園。コミュで出てくる公園に似てるなぁと思いましたが、コミュ画像よりうっそうと茂りすぎ。冬にもう再訪します。

 

明日は宮下かすみさん(@KasumiStarlight)が担当についていろいろと語ってくれるみたいです。明日の記事もお楽しみに☆

 

それでは